PressRelease: 東北ITコンセプト 福島GameJam2015 協賛企業賞発表と東京ゲームショウ(9/19,20)出展のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - PressRelease: 東北ITコンセプト 福島GameJam2015 協賛企業賞発表と東京ゲームショウ(9/19,20)出展のお知らせ
[`friendfeed` not found]
[`livedoor` not found]
[`tweetmeme` not found]
Facebook にシェア

 NPO法人IGDA日本は8月22日〜23日に「福島GameJam2015を開催いたしました。本イベントは2011年から毎年夏に開催しており、5回目となる本年は、参加者数551名・参加国数5ヶ国・メインおよび連携会場計18会場と最大規模で開催いたしました。 

2011年から毎年夏に開催している「福島GameJam」は、第17回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 審査員会推薦作品に選出されるなど、国内外から高い評価を得ているゲーム開発イベントです。風評被害などを受けないIT/ICT産業の一つであるデジタルゲーム産業に従事する立場から下記の3点を通して、復興に寄与することを目的として開催しています。

①震災被災地の今と、復興に向けた取り組み、そして力強さの国内外への発信
②次世代を担う子どもたちや若者を対象にした教育プログラムの提供と、
 風評被害を受けることのないIT分野での人材育成
③海外との連携による国境を越えた産業連携

本イベントに協賛いただいている各社はいずれもゲーム産業を各方面から支えられている企業ということもあり、各社の企業コンセプトに沿った作品を協賛企業賞として表彰いただきましたので発表いたします。

また、今週末開催となります「東京ゲームショウ2015」(一般公開日・19および20日)のインディーゲームコーナー(A-55ブース)にて、受賞作品を含む本イベントで制作された作品の特別出展を行います。本活動について広くご理解いただける好機ですので是非お越しください。

(選評は原文のまま)

・Cyberz賞 (サイバーズ株式会社)
 会場・チーム名: メイン(福島件郡山市)会場・紙飛行機マイスターズ
 作品タイトル: 走 れ!!紙ヒコーキ!
 選評: スマートフォンそのものを飛行機に見立てたコントローラーとしたことで、画
面上だけでなく周りの人と一緒に楽しさを共有する仕掛けとなっており、ゲーム
を切っ掛けにしたコミュニケーションが生まれるデザインになっていて素晴らしい

・マッチロック賞 (マッチロック株式会社)
 会場・チーム名: 東京工科大学会場「小川流花火大会」
 作品タイトル: 花火メーカー
 選評: 花火のパーティクルがとても綺麗にできており、ゲームを盛り上げている。

・OPTPiX SpriteStudio賞 (株式会社ウェブテクノロジ・コム)
 会場・チーム名: 東京工科大会場
 作品タイトル: 花火メーカー
 選評: 過去に似たようなゲームデザインが有りはしたが、VRとの相性が良い。技術的
    な点でも大変高度に見える、少し手を入れればStoreで販売できそうな完成度に
    驚き

・Unity賞 (ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
 会場・チーム名: 岡山会場・わしらバルーンキャッチャー
 作品タイトル: We are Balloon catchers
 選評: 多人数プレイに対応しており、みんなでワイワイ楽しめるところがすばらしい
    です! 開発時間の限られた福島ゲームジャムでよくぞここまでできたものと思
    いました。もう少し開発を続ければもしかしたら大ヒットするかも……という
    可能性を感じます。 受賞おめでとうございます!

・Unrel Engine 4賞 (Epic Games Japan 合同会社)
 会場・チーム名: 東京・東京工科大学・Baloon7
 作品名: Baloon宅急
 選評: アンリアル・エンジン4を使って新たにFGJ内でVRへのチャレンジという試み
    がなされていたため。

・KiQ賞 (株式会社アトミテック)
 会場・チーム名: 台湾高雄会場・飛吧!!麻糬太郎製作委員會
 作品タイトル: 飛びます!!麻糬太郎
 選評: 今年の全作品の中で恐らく唯一オンライン要素としてランキングが実装されてい
    たことを評価した。キャラクタの動きや操作にも独自性があり、愛らしい雰囲気
    でも難易度が高く、繰り返し遊ぶ気にさせてくれる。

・UEI賞 (株式会社ユビキタスエンターテインメント)
 会場・チーム名: メイン(福島件郡山市)会場・紙飛行機マイスターズ
 作品タイトル: 走 れ!!紙ヒコーキ!
 選評: 素案(企画)段階からコンセプトが明確で、会場見学に来ていた小学生にも制
作に参加してもらおうとする開発スタンスと、何より分かりやすい仕様だった
    こと。

また、本イベントで制作された作品は公式サイトにて公開しており、自由に試遊いただけます。

以上

開催の模様